陶芸の素焼きについて

陶芸の素焼きについて

陶芸で成形が終わり、高台作りも済んだら、粘土に含まれる水分を飛ばし、しっかり乾燥させます。

 

日陰でゆっくりと時間をかけて乾燥をさせるので、およそ1週間ぐらいは要します。
乾燥が終われば、いよいよ「焼き」の段階に入ります。
陶芸教室東京いえばプロップスさんがおすすめ。
最初の「焼き」は「素焼き」と呼ばれます。
陶芸では絵付けや釉薬をかけずに、粘土だけの状態で焼くため「素焼き」と呼ばれます。
低い温度で軽く焼き固めるのです。この方法で焼かれた焼き物自体を「素焼き」と呼び、植木鉢やアロマポッドなどにはこの「素焼き」が使われます。

 

しかし器を作る場合に「素焼き」は途中の過程にすぎません。
窯の中の温度を800℃にし、およそ8時間焼きます。焼成終了後はすぐに窯を開けたりはしません。
急激な温度変化で器にひびがはいったり割れてしまうからです。

 

自然に熱が冷めるまで待って、器を取り出します。素焼き後の作品はとてももろい状態になっているので、陶芸の際には取り扱いに注意が必要です。

 

最初の段階で「練り」が足りないような作品も、素焼きで破損している場合があります。