省エネリフォームのススメ

省エネリフォームのススメ

最近は、原発問題で省エネブームが起きてますよね。
これから本気で原子力発電を排除していくつもりなら、これは一時的なものではなく日本は慢性的な電力不足に陥ると思います。現在は、壊れて使えないもの以外はフル稼働で原子力使ってますからね。それでも不足している状況です。

 

 

 

水力発電や風力発電、太陽光発電ではとても供給は追いつきません。
そして、火力発電を増やせば増やすほど、石油や天然ガスの価格が高騰していき、電気代はドンドンあがっていきます。特に東電は賠償金の支払い分も値上げしていくようです。

 

 

 

地球環境のためというのもありますし、家計の負担を減らすためにも、これからの時代省エネは重要になってくるのです。
省エネリフォームとは、夏は涼しく冬は暖かい家を設計することで、電力の消耗を抑えます。
夏の日射熱の屋内への侵入を防ぐ日射遮蔽技術、断熱技術、機密性、結露対策、風通しの良い間取りなど、リフォームで気温コントロールすることが出来ます。

 

 

 

冷房や暖房をほとんどなしか、使っても弱程度に抑えることが可能です(もちろん地域にもよりますが)。
さらに、太陽光発電の設備も追加すると有用です。前述したように、これからドンドン電気代は上がっていきますから、かならず元を取れるかと思います。

 

 

ただ、これから太陽光発電の需要が上がっていく分、技術の進歩が早くなり、設備の値段は下がっていくかと予想されます。あんまり早い時期に取り付けると、あとから新型が発売されて損した気分になるかも知れませんね。