外張り断熱って何?

外張り断熱って何?

皆さんは「外張り断熱」っていう言葉を聞いたことはありますか?よくホームメーカーのCMで宣伝しているのですが、これから新築を建てる人もしくはリフォームを検討中の人は気になっていることかもしれません。

 

外張り断熱とは簡単に説明すると壁の外側に発泡樹脂系の断熱ボードを貼ることで柱と柱の間が空間になるという工法のことを言います。

 

 

 

コンクリートタイプの家に比べ木造住宅は部屋の温度を保つのが苦手とされていますが、外張り断熱によって回避することが出来るのです。

 

 

 

建築中の家を見たことがある人はイメージしやすいかと思いますが、青いシートなどで壁を覆いかぶせて木で抑えている建設途中の家がまさに外張り断熱なのです。

 

そしてそのシートこそが断熱ボードとなっています。

 

 

 

外張り断熱のメリットとしては冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせるということです。

 

その為、冷暖房の器具を使う機会も少なくなり電気代を抑え、エコにも繋がります。

 

また結露を最小限に抑えてくれるのでダニやカビの心配もありません。

 

 

 

しかしデメリットも少なからずあり、1つは費用が掛ってしまうこと、そしてもう1つは外壁をきちんと固定していないと地震が起きた時に外壁が崩れ落ちてしまうこともあるのでこの辺に関しては、大工さんの腕に掛っていると言っても過言ではありません。

 

家は一生に1度の大きな買い物ですよね。

 

 

 

失敗しないよう、そして快適な生活を送れるように是非、外張り断熱を検討してみてください。