防犯対策も心がけ

防犯対策も心がけ

二世帯住宅や建て替えなどでリフォームをする人は多いかと思います。

 

 

 

ただ部屋の数を増やしたり、古くなった部分を補強するだけでなく防犯対策に関しても考えてみてはいかがでしょう。

 

ちょっとした工夫で空き巣被害から守ることが出来るかもしれません。

 

 

 

では実際、どのような工夫をすれば被害を防ぐことが出来ると思いますか?では狙われにくい家の特徴はどんなところがあるのか知っていますか?一般的には家の中が分かりにくい、犬がいる、いつも誰か家にいる、ホームセキュリティ―に登録している、監視カメラ(ダミーでも可)がある、ガラスに防犯フィルムが貼られている、1つの扉に2つ以上の鍵が掛かっている…といった点が考えられますが皆さんの家はどうですか?ほとんどの空き巣の場合は、下調べすることが多いのでもしかしたら訪問販売やセールスのフリをしてチェックしに来ているかもしれません。

 

玄関から見てすぐに間取りが察知されそうな家も狙われやすいので気を付けてください。

 

 

 

ちなみに新築で建てられるという人は立地条件を重点的に考えてみてください。

 

 

 

商店街など人通りがあるところ、見通しが良いところ、角地に建っているところ、壁やフェンスなど低過ぎないところ、また逆に高過ぎないところは空き巣被害があった家の特徴です。

 

新築、リフォームの際は空き巣対策に関しても考えて行うとより良いかもしれません。

 

 

 

プロの空き巣は巧妙な手口を使うので見極めるのは中々難しいかと思います。