耐震住宅

耐震住宅エントリー一覧

免震構造とは?
地震対策の1つと言われている耐震構造とは、家やビルそれにマンションなどの建物自体の作りを強くしたものです。地震が起こったとしても建物が壊れるという心配はまずありません。デメリットとしては、地震の揺れがそのまま伝わるので建物の中にある家具や照明などが倒れたり破損するなどの二次災害は避けられません。耐震構造に似たもので免震構造というものがありますが、その違いなどについては知っていますか?免震構造は簡単に言うと建物と地盤の間に積層ゴムを設けているので地震の揺れを最小限に抑える効果があり、耐震構造とは違...
防犯対策も心がけ
二世帯住宅や建て替えなどでリフォームをする人は多いかと思います。ただ部屋の数を増やしたり、古くなった部分を補強するだけでなく防犯対策に関しても考えてみてはいかがでしょう。ちょっとした工夫で空き巣被害から守ることが出来るかもしれません。では実際、どのような工夫をすれば被害を防ぐことが出来ると思いますか?では狙われにくい家の特徴はどんなところがあるのか知っていますか?一般的には家の中が分かりにくい、犬がいる、いつも誰か家にいる、ホームセキュリティ―に登録している、監視カメラ(ダミーでも可)がある、ガ...
免震構造と耐震構造の違い
2011年3月11日に起きた宮城・福島を中心に襲った東北大震災は東北はもちろん、日本全国そして海外にも影響をもたらしましたのはまだ記憶に新しいことだと思います。また専門家は5年以内に震度6以上の地震が東京を襲う…と言っています。これらのことから家を建てる際、またアパートやマンションを探す際には是非地震のことを考えつつ選ぶようにするべきです。地震を最小限に抑えるものとしては「免震構造」と「耐震構造」があります。名前は聞いたことがあるけれどその仕組みや違いなどについては分からない…という人が多いので...
免震構造とは?
1995年に起こった兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、そして記憶に新しい2011年3月11日に起こった東北大震災で被害を受けた家はたくさんあります。いつどこで起きるか分からない地震だからこそ家、アパート、マンション、ビルなどは補強する必要があるのです。では実際に補強するとなったら何をしたらいいのか。皆さんは「免震構造」という言葉を聞いたことはありますか?免震構造とは、地盤と建物の間に積層ゴムを設けて地震の揺れが直接建物に届かないようにするためのものです。積層ゴムが地震の揺れを和らげることで建物...
外張り断熱って何?
皆さんは「外張り断熱」っていう言葉を聞いたことはありますか?よくホームメーカーのCMで宣伝しているのですが、これから新築を建てる人もしくはリフォームを検討中の人は気になっていることかもしれません。外張り断熱とは簡単に説明すると壁の外側に発泡樹脂系の断熱ボードを貼ることで柱と柱の間が空間になるという工法のことを言います。コンクリートタイプの家に比べ木造住宅は部屋の温度を保つのが苦手とされていますが、外張り断熱によって回避することが出来るのです。建築中の家を見たことがある人はイメージしやすいかと思い...
防犯対策をしよう
最近、何かと物騒な世の中になってきました。不景気の影響か、空き巣や泥棒、さらに強盗なんて凶悪な犯罪も増えてきています。そんな凶悪犯たちから自分の家族と財産を守るには、防犯リフォームが必要です。マイホームを建てるときに「一国一城の主になった」なんて言いますが、「家」はまさしく「城」ですから、守りは強固でなくては困ります。小銭を盗まれるくらいなら諦められますが、家に金庫や大金がある場合、小さいお子さんがいる場合などは、絶対に凶悪犯に侵入なんかさせては行けません。あたりまえですが、空き巣や泥棒の大半は...
リフォームは台風の前に
人間というのは、どうしても事後行動に陥りやすいです。前もってきちんと対策しておいた方が絶対に良いとわかっているのですが、それでも、いざダメになったあとじゃないとなかなか行動を起こす気になれないものです。ひょっとしたら、何もしなくてもこのままうまくいくんじゃないか?無駄な苦労、浪費になるんじゃないか?そういう安易な考えが最悪な結果を有無というのは、ありがちですよね。リフォーム業者が一年のなかでいちばん忙しい時期が、実に台風が過ぎたあとです。台風のせいで家が壊れて、直して欲しいという依頼が殺到します...