リフォーム・住宅用語集について

住宅返済プランエントリー一覧

住宅ローン、分からなかったら…
マイホーム購入は大きな買い物ですよね。土地から買うとなると少なくても2千万円は掛るものです。都内に行けば更に値は上がり、土地だけでも2千万円を超えるところも多いのではないでしょうか。最近では20代前半でマイホームを購入する人も増えてきたようです。後先のことを考えると早いうちに建てて、老後は返済で悩まずに済む…という考えなのかもしれません。しかし若ければ若いほど収入は低いものですよね。住宅ローンで無理をしてまで買ってしまった…という人も正直、多いのかもしれません。毎月、返済に追われるのであればいっ...
住宅ローンは、金利が安く今が借りどきです。
住宅ローンは、金利が、過去最低の水準で推移しています。その為、住宅がとても買いやすい時期です。不動産も値下がりが続き、殆ど底値の状態です。今が間違いなく買い時です。不動産は安い、金利が安い、税金の戻りが多い、どれをとっても、買う人には有利なことばかりです。今まで住んでいる、賃貸料よりも安くなる人も、います。銀行も住宅ローンを簡単に貸してくれます。優遇金利が、かなりありますので、1%以下の金利で貸してくれる銀行も多いです。支払いは、3000万円借りて、35年払いで、9万円位です。銀行は殆ど全額貸し...
計画的な返済計画を
新築や中古物件、それにリフォームをする際に一括で支払う人はもの凄く珍しいかと思います。普通のサラリーでは絶対に出来ないことですよね。大抵の場合、住宅ローンを組み、毎月支払っていく形を取りますが皆さんは住宅ローンについてどのくらい知っていますか?知っているだけで損得がハッキリしてくるので是非、知識を身につけておいてください。まず住宅ローンには30年払いと35年払いの2択ありますが、ここでは35年ローンをおススメします。30年払いだと期間は短いですが、毎月の返済額が高くつきいてしまい、30年から35...
坪単価とは
よく「坪単価」って耳にしますが、皆さんはその意味を理解していますか?なんとなくなら分かるけれど改めて説明しろと言われたら困るかも…きっとそう考えている人のほうが多いのではないでしょうか。では坪単価とは何か。坪単価とは1坪の建築費のことを指していて、坪は家を建てる際の目安となります。よく不動産またはホームメーカーなどのチラシに「建て坪40坪」と記載されていますよね?1坪が約3.3平方mで1つの坪単価を出す計算は、建て家の本体価格÷建て坪となっています。例えば延べ床面積が40坪で建て家自体の価格が2...
住宅リフォームと減税
リフォーム工事は、税金でお得だってご存じでしたか?2009年から、リフォーム工事はローンを組まないで自己資金だけで行っても所得税の還付が受けられるようになりました。投資型減税と言います。耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、省エネリフォームを行う場合、確定申告をすれば、所得税の控除や固定資産税の減額を受けることができます。一定の要件を満たしている場合、それぞれ最高で20万円から30万円の控除があるようです。さらに、自己資金ではなくローンを組んでリフォームを行う場合は、年末ローン残高の2%又は1...
リフォームの金額
住宅関連は手続きが他の買い物よりもはるかに大変なことは、皆さん知っていることでしょう。これは一からの建設に限らずリフォームでも同じことなのです。さすがに一からの建設よりはかなり楽ではありますが、やはり住宅関連の申込みなのでそれなりの知識と手間が必要になります。手続きに関しましてはかなりの内容になるのでここでは省きますが、当面の問題はやはり金額面でしょう。これはリフォームを担当する工務店によってだいぶ違います。わずかな違いと思われるかも知れません。ですが、住宅関連はわずかといえどかなりの金額になり...
住宅ローンとは?
住宅ローンとは、住宅購入には莫大な金額がかかりますので、よほどのお金持ちではない限り、一括払いはありえません。大体方がこの住宅ローンを使いお金を借りて住宅を購入します。また、これらのローンは主に銀行が行っています。もちろん、住宅の購入資金なので、その借用額は車のローンなどよりもはるかに高いです。ですので、そのローンの選考基準もかなり厳しくなっています。状況によっては担保が必要な場合もありますので、よく考えて、そして調べてから動きましょう。さらに現在様々な法律の改正により、金利やその他の仕様が変わ...
悪徳業者にご注意を!
リフォーム詐欺という言葉を聞いたことがありますか?頼んでもいないのに突然家を訪ねてきて、見積もりだけならタダだからと家のなかを調べ、この家じゃ危ないとか言って強引にリフォームを勧める悪質な業者です。これらは、従来のリフォーム業者とは違い、裏で暴力団系が操っている本当に悪質なものなので注意が必要です。ひどい場合は、どこも異常がないのに異常があると嘘をついたり、自分たちで壊して異常を作ったりします。とにかくやり口が強引です。断るのが苦手な方を食い物にしています。彼らは済し崩し的に話を進めてきます。と...
増改築相談員って何?
最近、リフォームという言葉が流行っていますが、増改築相談員って言葉をご存じですか?増改築相談員は、消費者から相談を受けて、助言などを行い、または住宅リフォームの具体的計画や見積りを行う専門員のことです。増改築相談員になるためには資格が必要です。住宅建築の実務経験が10年以上なければ、増改築相談員になることは出来ません。10年以上の実務経験を経た上で、特別なカリキュラムの研修会を受講し、 研修会後に実施する考査に合格すると増改築相談員として認められます。現在の所、全国で1万8000人の増改築相談員...
見積もりは複数の業者に
リフォームを頼むとき、業者さんにどのくらいの料金になるか見積もりを上げて貰うと思いますが、このときすぐに決定してはいけません。複数の業者さんに見積もりを出して貰い、どこに頼むのがいちばん特になるのか、しっかり検討しましょう。リフォームの内容や業者によっては、数十万円や数百万円の差が出ることも珍しくはありません。ほとんどの業者さんで見積もりは無料だと思いますので、可能な限り多くの業者さんに頼んでみると良いでしょう。他の業者さんと比べたデータを張り合わせると、すこしくらい割引きもしてくれるかも知れま...
土地購入に必要な料金
皆さんは戸建の購入、もしくは建築を考えたことがあるでしょうか?戸建入手でまず必要なものが土地です。では土地に掛かる費用は幾らくらいなのでしょうか?みなさんはご存知でしょうか?誰でもわかる所では、まず購入費用ですね。これは場所によりけりなので幾らとはいえません。他には仲介手数料、これは仲介をしてくれた不動産会社に対して支払います。次に売買契約書印紙代。これは売買契約を行うときの契約書です。そして登録免許税。これは土地の所有権を移転した際に登記所に支払う費用です。同時に、登記の手続きを代行してくれる...